Top > 私立幼稚園の受験

私立幼稚園の受験

首都圏国立・私立幼稚園入園のてびき(平成21年度版)

 

幼稚園の受験には、在園児のほとんどが小学校受験をする受験幼稚園と、大学もしくは私立小中高の附属幼稚園を目指す場合があります。

受験幼稚園は、小学校受験を目指す人たちが多く集まる幼稚園ですが、受験幼稚園といっても園で受験に対する何か特別な指導があるわけではありません。どこも普通の幼稚園で、保育内容は、一斉保育であったり自由保育だったりと、これもまちまちです。唯一の違いは保護者の目的意識です。
私立幼稚園のメリットは、特色のある幼稚園に入園して個性を発揮できたり、小中高大一貫教育の中、エスカレーター式に大学まで行けるため、ゆとりある教育ができる点。もちろん「自慢したい」「小・中・高校などの入試で辛い思いをさせたくない」という親もいることでしょう。

私立幼稚園の受験は、「面接」「指示動作ができること(指示行動)」「簡単な質問の受け答え」「自由遊びの観察(行動観察)」などで行われます。
特に親子面接と自由遊びの観察は多くの私立幼稚園で行っています。これらは簡単なように見えて実は奥が深い。挨拶のときのお辞儀がしっかりできる子どもが不合格になることがあっても、挨拶が全くできない子どもが合格することはありません。また、周りの友だちを誘って自由遊びができる子どもが不合格になることがあっても、誘われても無視する子どもが合格することはありません。ただし、コネや卒園OB・OGの子どもは除きます。

私立幼稚園の受験、しっかりできているのに不合格...それは子ども本人の実力や能力以外に、家柄や家庭環境といったバックグラウンドなどがかかわってくるからです。つまり、園サイドの価値観によって合否が決まることが多いということです。コネのある子ども、卒園OBやOGの子どもが優先的に合格できるというのも、世の常として仕方ないことかもしれません。しかし、そのようなものがなくても、自力で入園できる子どもたちもたくさんいるというのも事実です。

 

 三菱アウトランダーの中古車  三菱アウトランダーの評価  シニアアルバイト
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
幼稚園のお受験とは(2009年8月20日)
国立幼稚園と有名私立幼稚園(2009年8月20日)
私立幼稚園の受験(2009年8月20日)
私立幼稚園受験のポイント(2009年8月20日)