Top > 国立幼稚園と有名私立幼稚園

国立幼稚園と有名私立幼稚園


チョココラボ第2弾!こちらも数量限定!イタリアの高級ブランド有名私立幼稚園御用達ブランド30...

 

低年齢化している受験競争。いまや幼稚園にまでお受験競争があります。人気の幼稚園は有名幼稚園や一貫教育の幼稚園。その中でも国立大学附属の幼稚園は人気があります。

国立の幼稚園は一部を除き、各県に1つしかなく、受験できるエリアも限定されています。そのうえ、試験で合格しながら最後の抽選で当たらなかったなど、運が大きく作用してきます。

国立幼稚園の特徴としては、試験に合格し抽選にも当たったという選ばれた者同士の集まりの中で互いに感化し合い、それなりに成長すること。幼稚園教諭も経験豊かな学究肌タイプの人が多いことなどが挙げられます。しかし、幼稚園設立の目的が、大学生のための実習や、大学が行う教育研究の実験であるため、入れ替わり立ち替わり学生が実習でやってきます。また、附属でありながら大学までエスカレーターで進学できないという面もあります。

一方、私立幼稚園ではくじはありません。また、偏差値などというものもありません。が、有名私立大学附属幼稚園のお受験の世界では、大学の偏差値に比例して附属幼稚園の難易度は高くなります。

入園の合否には、試験の点数に換算できない家庭環境やしつけなどもかかわってきます。つまり学校の胸三寸で合否が決まるということです。幼児は月齢差が激しいため、一定の点数を取った幼児の中から校風に合った家庭環境などを考慮して選り好みで選びます。それゆえ、コネや裏口などが通用する世界でもあるようです。

では、幼稚園の入園料や保育料はいくらくらいかかるのでしょうか。
国立の場合、入園料が31,300円、保育料が70,800円、ほかに抽選料や試験にかかる費用などが2,000円くらい。

有名私立幼稚園はというと、幼稚園により差はありますが、東京都内の幼稚園では、入園料30~40万円、初年度納付金(寄付金・債券含む)100~180万円、保育料年額50~70万円となっています。2年保育、3年保育となると、さらに施設費などが毎年かかるようです。経済的に余裕がないと有名私立幼稚園に通うのは難しいですね。

競争率の激しい幼稚園お受験。最初は子どものためにと思っていても、いつの間にか親のほうが熱くなっていることも。嫌がる子どもに無理にお受験させようとするのは問題です。あくまで主役は子どもですから、子どもの成長に合わせて、その時々にふさわしい環境を作ってあげるのが親の役目といえるでしょう。

 

 バイク保険  保険会社毎のバイク保険の特徴  産後の悩み  温泉・紅葉
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
幼稚園のお受験とは(2009年8月20日)
国立幼稚園と有名私立幼稚園(2009年8月20日)
私立幼稚園の受験(2009年8月20日)
私立幼稚園受験のポイント(2009年8月20日)